のぞみ保育園

のぞみ保育園

MENU

クラスの様子

4・5歳児 くま・ぞう

園庭の木に因んで、「けやき」「さくら」の2つ異年齢児クラスで毎日過ごしています。
 チームテーマ 「Smile!~みんなでワクワクの木を育てよう~」
みつけたよ!四季の活動を通して自然に親しみながら制作や生長を楽しむ
きこえたよ!異年齢児との関わりの中でホカホカする言葉をいっぱい見つけよう
感じたよ!助け合い・支えあう心の大切さを知る
ある日のepisode
朝の登園後にドミノを始めたKくん。一列並べたところで1つ年下のAくんが「一緒にやっていい? 」とやってきて2人で並べ始めました。机を2台並べた上に2人で「ここから2つに分かれるよ」とか「カーブはゆっくりね」など話しながら目を輝かせてドミノを並べ続けていましたが、Aくんのひじがドミノにあたりせっかく長くなったドミノが音をたてて倒れ始めました。泣きそうな顔で困っているAくん。その時、Kくんは、「2人じゃなきゃ、こんなに長くはできなかったよ。ありがとう」と言葉をかけてあげていたのでした。
K君の言葉に心がほんわか温まるある日のひとコマでした。

2・3歳児 うさぎ・きりん

チームテーマ「みんなでたのしく遊ぼう」
~一緒に遊ぶ機会を多く持ち、異年齢児同士の交流を深めていく~
4月の頃は2・3歳児で一緒に遊んでもそれぞれの年齢のお友達の関わりが多かったのですが、日々接しているうちに少しずつ異年齢の存在に気が付くようになってきました。「お手本になってね。」「〇〇君がすてきだね。真似してね。」の保育者の言葉にきりん組の子どもたちは背筋がピンと伸び目もキラキラ。そんな姿を一生懸命真似するうさぎ組のお友達もとてもかわいらしいです。異年齢児の中で大好きなお友達がいる子もいて部屋の中で手をつないでまるでデートをしていうかのようにお散歩したりしている姿がと微笑ましい毎日です。

0・1歳児 ひよこ・りす

チームテーマ 「みんなでたのしくあそぼう!!」
0・1歳児クラスは子どもたちの成長に合わせ、「月」「星」「虹」の3つに分かれて保育をしています。
星チームは、保育園で一番小さな赤ちゃんたちです。一人ひとりのリズムでゆったりと関わりながら様子をみながら月チームと一緒に遊んでいます。
月チームはまもなく2歳を迎える子どもたち。1歳児クラスでも大きな子どもたちです。その日の活動に合わせて星チーム・虹チームの子どもたちと過ごしています。
虹チームは星や月と過ごしながら、一つ上の2歳児クラスと子どもたちとの関わる機会も作っていきます。

ある日のepisode
入園当初は朝、保護者と離れるときに泣いていた子が登園時に笑顔で入室してくれるようになりました・・笑顔で登園してくれると迎える私たちもうれしいです。
自分より小さい月齢の子の頭をやさしくなでたり、小さいながらズボンの着脱など、身の回りの手伝いをしようとする姿がとってもかわいいです。
ハイハイができるようになってくると、大好きな玩具に向かって一生懸命ハイハイする姿がとってもかわいいです。。ハイハイも日に日に早くなっていきます。