のぞみ保育園

のぞみ保育園

MENU

ほけん

子育て広場 さくらんぼくらぶ

新しい環境の中、子どもたちが楽しく安全に生活できるようご家庭と協力しながら取り組んでいきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

新しい環境に慣れるまでの間、子どもたちにはとても緊張した日々を過ごします。
疲れやすくなり、体調も崩しがちな時期なので『早寝・早起き・朝ごはん』を意識して生活リズムを整え体調管理をしていきましょう。
体調管理のポイントや登園のめやすについては『健康のしおり』をご確認ください。

下記から必要な資料をクリックしてダウンロードください。

保育中の健康管理

  • ・保育園は集団生活の場であり健康な園児をお預かりする事を基本としています。
  • ・保育園での健康管理は保育士、看護師、園医が連絡を取り合って行っています。
  • ・保育中に急な発熱(37.5℃以上)や下痢・嘔吐等の体調不良の際には、保護者に連絡し、お迎えをお願いしています。

感染症について

  • ・感染症になった場合、他の園児に感染する恐れがあるのでお休みをお願いしています。
  • ・治癒後の登園時期については下記の「登園のめやす」をご参照下さい。
  • ・感染症の種類によっては医師の診断・指導を受け、保護者が記入する登園届、または、医師が記入した意見書が必要となります。どちらの場合にも、掛かりつけの医師にご相談下さい。

保育園での与薬について

  • ・保育園での与薬は行っていませんが、特別の場合に限って主治医・園医の指示により看護師が服用させることができます。
  • ・与薬が必要な場合は与薬依頼書(医師・保護者)の提出をお願いします。

医師が記入した意見書が必要な感染症

保育園は乳幼児が集団で長時間生活を共にする場です。感染症の集団発生や流行はできるだけ防ぐことで、子どもたちが一日快適に生活できるよう、保育園児がよくかかる下記の感染症については医師による意見書(診断書)の提出をお願いします。
また、感染力のある期間に配慮し、子どもの健康回復状態が集団での保育園生活が可能な状態となってからの登園であるようご配慮ください。

病 名 最も感染しやすい期間 登園のめやす
麻しん(はしか) 発症1日前から発しん出現後4日後まで 解熱後3日を経過してから
風しん 発しん出現数日前から後5日間くらい 発しんが消失してから
水疱瘡(水ぼうそう) 発しん出現2日前から痂皮形成まで すべての発しんが痂皮化してから
流行性耳下腺炎 (おたふくかぜ) 発症2日前から耳下腺腫脹後 5日 耳下腺の腫脹が消失 してから
結核 感染の恐れがなくなってから
咽頭結膜熱 (プール熱) 発熱・充血・咽頭発赤など症状が出現した 数日間 主な症状が消え2日 経過してから
流行性角結膜炎 充血・眼脂など症状が出現した 数日間 感染力が非常に強いため、結膜炎の 症状が消失してから
百日咳 抗菌薬を服用しない場合 咳出現後3週間を経過 するまで 特有の咳が消失し全身状態が良好であること (抗菌薬を決められた期間服用する。 7日間服用後、医師の指示に従う)
腸管出血性大腸菌感染症 (O-157など) 症状が治まり、抗菌薬による治療が終了し、 48時間をあけて連続2回の検便によって、 いずれも菌陰性が確認されたもの
インフルエンザ 発症24時間前から後3日が多い、 通常7日以内に減る 発症後5日および解熱後3日を経過するまで。

医師が記入した意見書が必要な感染症

保育園は乳幼児が集団で長時間生活を共にする場です。感染症の集団発生や流行はできるだけ防ぐことで、子どもたちが一日快適に生活できるよう、保育園児がよくかかる下記の感染症については登園のめやすを参考に、かかりつけの医師の診断に従い登園届の提出をお願いします。
なお、感染力のある期間に配慮し、保育園での集団生活に適応できる状態に回復してから登園するようご配慮ください。

病 名 感染しやすい期間 登園のめやす
溶連菌感染症 (ようれんきん) 適切な抗菌薬治療を開始する前と 開始後1〜2日 抗菌薬内服後24時間 経過していること
マイコプラズマ肺炎 適切な抗菌薬治療を開始前と開始後数日 発熱や激しい咳が治まっていること
手足口病 手足や口腔内に水疱・潰瘍が 発症した数日間 発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響が無く、 普段の食事がとれること
伝染性紅斑(りんご病) 発しん出現前の1週間 全身状態がよいこと
感染性胃腸炎 (ノロ・ロタ・ アデノウィルスなど) 症状のある間と、症状消失後1週間 (量は減少していくが数週間ウィルスを 排出しているので注意が必要) 嘔吐・下痢などの症状が 治まり、普段の食事が とれること
ヘルパンギーナ 急性期の数日間(便の中に1ヶ月程度 ウィルスを排泄しているので注意が必要) 発熱や口腔内の水疱・潰瘍の影響が無く、 普段の食事がとれること
RSウィルス感染症 呼吸器症状のある間 呼吸器症状が消失し全身状態が良いこと
帯状疱しん(ヘルペス) 水疱を形成している期間 水痘と同様
突発性発しん 解熱し機嫌が良く全身状態が良いこと

保健行事

4月
全園児 内科検診
6月
歯科検診
9月
全園児 内科検診
10月
視力検査(4,5歳児)
11月
歯染め(4、5歳児)
12月
手洗い指導
毎月
0歳児 内科検診
全園児 身体測定