のぞみ保育園

のぞみ保育園

MENU

園の概要

施設概要

施設名 社会福祉法人 慶祥会 みらい保育園
所在地 武蔵村山市大南1-8-1
設置主体 社会福祉法人 慶祥会
設立年月日 昭和49年5月1日
園児数定員 151名
開園時間 午前7時~午後7時
事業内容 延長保育・産休明け保育・子育てセンター・地域交流・園庭解放 保育内容 ことば遊び・ 体育あそび・英語あそび・音楽あそび
保育理念 『共存・共育・共栄』 みんないっしょにおおきくなぁれ
保育目標
  • ・あいさつができる子ども
  • ・ありがとうが言える子ども
  • ・ひとの話をよく聞く子ども
  • ・だれにでもやさしくできる子ども
  • ・好奇心旺盛で心豊かな子ども

沿革

東京の多摩北部、埼玉県とのちょうど境目、緑豊かな場所にみらい保育園はあります。園の前には茶畑や芋畑が広がり、秋には目の前の畑でさつまいも掘りができたり、歩いて30分ほどにある丘陵ではみかん狩りも楽しめます。そして天気のよい日には園舎の3階のテラスからくっきりときれいな富士山を望める、そんな自然環境に恵まれた保育園です。
平成27年4月に姉妹園の新園舎竣工を機に、園名を「テマリ第二保育園」から「みらい保育園」に変更しました。名前は変わっても、テマリの園名の由来である「弾む手毬のように伸びやかな子どもに育ってほしいと」という創設時の願いは今後も引き継いでいきたいと思っています。

開園以来大切にしてきたこと

私たちの園が開園以来大切にしてきたことは、「ことば遊び」と「おいしい給食づくり」です。言葉の育ちは心の育ちと捉え、0歳のベビーサインから年長児の文字遊びまで年齢に応じて絵カード・文字カード等の教材を使って言葉の育ちを確認しながら、語彙が豊かになるよう日々の保育の中にことば遊びを取り入れています。
「おいしい給食づくり」では、子どもたちの笑顔と健康な体作りに欠かせないのは食べることの思いで、旬で栄養価が高い食材を多く取り入れ、色彩にもこだわった目でみても楽しめる献立を考えて毎日保育園に来るのが楽しみになる給食づくりに力を入れてきました。
その結果として、献立コンクールでは児童給食部門優秀賞、東京都から栄養改善知事賞をいただくことができました。
又、栽培活動の一環として、毎年米作りにも取り組んでいます。職員の実家がある秋田県からあきたこまちの苗を送っていただき年長児が育てています。
土作りから苗の植え付け、水やり、スズメ対策、稲刈り、脱穀、籾摺り、精米とお米は口に入るまで八十八の手間がかかると言われますが、子どもたちはその一つ一つを楽しんでいるようです。収穫したお米を釜で炊いておにぎりにして食べた時のおいしそうな笑顔。みんなの苦労が報われる瞬間です。

みらい保育園は今年で開園40年。新制度に移行し、子どもを取り巻く環境は刻々と変わっていきますが、新しいことを取り入ながら、ずっと受け継がれたことは大切にして、これからも地域に根差した保育園になるよう頑張っていきたいと思います。

所在地 地図